初心者が誰でも簡単にできる手芸ハンドメイドの作り方や材料を画像満載で紹介! ハンドメイドでオリジナルアクセサリーを作ってアーティストになる!

menu

初心者ハンドメイドの作り方なら momo工房ブログ

ハロウィンパンプキンの丸カンを留める羊毛フェルトは量を多めに!作った翌日に無くなってしまったダイソー羊毛フェルト2016ハロウィンパンプキン製作工程

巷はハロウィン直前の週末で、お店にはハロウィングッズが溢れかえっています。前回、去年買ったハロウィン羊毛フェルトキットを作成した際のブログを書きましたが、今年買ったハロウィンのキットは今年中に作りました。

去年のハロウィン羊毛フェルトを、先日ようやく作りました。製作記事はこちらです。
羊毛フェルトのコツが掴めてきた。ダイソーDAISOで買ったハロウィンパンプキンの作り方

今年も100円均一ショップダイソー DAISOでハロウィンパンプキンモチーフの羊毛フェルトキットが売っていたので、1つ作ってみました。交互の配色をキレイに出来たと思います。
DSC_0605

羊毛フェルトキットに入っている内容物

左側が今年のキットです。右側のスポンジマットは、前回使ったものと同じ物です。
DSC_0502

ハロウィンパンプキンモチーフの羊毛フェルトキットに入っている内容物は、説明書、必要な羊毛フェルト、ニードル、目玉パーツ、丸カン、ボールチェーンです。
DSC_0504

必要な用具も丁寧に書かれていますが、スポンジマットがあればできてしまいます。また、目玉パーツ、丸カンは予備分まで親切に入っています。
DSC_0505

全ての羊毛フェルトを、使う分ずつに分けます。

DSC_0508

DSC_0509

パンプキンの本体を作ります。

パンプキン分の羊毛フェルトを2つとも手でほぐします。
DSC_0511

DSC_0512

2つのうち1つ目を丸めます。
DSC_0513

前回動画を見て学習したように、しっかりとマットに着くまでニードルを垂直に刺しました。
DSC_0514

適宜、形を整えるために手で丸めます。
DSC_0515

手でほぐしておいたもう1つの本体用羊毛フェルトで包むようにして、さらにニードルで刺していきます。
DSC_0516

DSC_0518

説明書に書かれている目安のサイズとほぼ一緒の、横4.5cmに出来ました。
DSC_0519

縦3.5cmにも大体合っています。DSC_0520

パンプキンの模様を作ります。

パンプキンの境目が出来るように、ニードルでくぼみを付けていきます。ここまでは前回の製作と変わりありません。
DSC_0527

DSC_0531

DSC_0533

前回はこのくぼみを付ける作業に相当てこずりましたが、2回目のおかげか、それほど苦戦せずここまでこぎ着けました。
DSC_0535

ちょっと不格好だけど、これ以上ニードルを刺すと全体が固くなりすぎて、くぼみが目立たなくなってしまうと思い、一旦くぼみを付ける作業はここまでにしました。
DSC_0536

今年バーションと去年との違いは、パンプキンの色が交互になることです。濃いめのオレンジ色を、一列置きに追加します。
DSC_0537

このように、先ほど作ったパンプキン本体に、濃いオレンジ色の羊毛フェルトを乗せていきます。パンプキンの表面が凸凹のままだったのも、この作業でカバーできるのではという目論見がありました。
DSC_0538

キレイに交互に色を乗せていきます。
DSC_0539

側面が大分キレイに整いました。
DSC_0542

上下の羊毛フェルトが飛び出てしまった部分は、はさみでカットしてからうまく表面に刺しました。また、薄いオレンジ色の羊毛フェルト部分の凸凹が目立ってしまっていたので、薄いオレンジ色の羊毛フェルトも追加して刺していき、表面を整えました。
DSC_0543

パンプキンの顔を作ります。

目の位置を見据えて、目打ちで穴を開けます。
DSC_0544

付属されている目玉パーツに接着剤を付けます。
DSC_0545

パンプキンに開けた穴に目玉パーツを差し込みます。
DSC_0546

左目が付きました。
DSC_0547

同様に右目も差し込みます。
DSC_0548

可愛い両目が付きました。

注意点ですが、目玉パーツの先端がきちんと丸く処理されていませんでした。なので、そのまま本体に差し込もうとすると羊毛フェルトに引っかかってうまく行きません。私はニッパーを使って先端の尖った部分を少し整えました。

また、目打ちで穴を開けた後、接着剤を付けずに目玉パーツを差し込んでみて、しっかり差し込めるかを確認した方が良いようです。奥まで差し込めなかったら再度目打ちでしっかり穴を開ける、という手順を踏んだ方が確実でした。
DSC_0549

黒い羊毛フェルトで鼻と口を作ります。
DSC_0564

かなり目分量で鼻につかう羊毛フェルトを取り出し、刺していきます。
DSC_0566

三角の鼻のつもりなのですが、少しぽってりとしてしまいました。
DSC_0569

羊毛フェルトをこより状にして、口部分をパンプキンの顔に刺していきます。
DSC_0571

DSC_0572

可愛らしい顔に仕上がりました。
DSC_0573

帽子部分を作ります。

帽子用の黒い羊毛フェルトを半分に分けて、片方を帽子の本体用、もう片方を帽子のつば用とします。
DSC_0574

三角すい形の帽子を作るところは前回も苦戦したところです。
DSC_0575

三角すいを意識しつつ、丸めながらニードルを刺していきます。全体を固く刺してしまうとぺちゃんこに潰れてしまいそうなので、あまり固くならないように形を整えていきました。
DSC_0576

DSC_0577

なんとかとんがり帽子が出来ました。
DSC_0578

ただ乗せただけだとこのような具合です。帽子中央部分が膨張しているので、きつめにパンプキンと合体させます。
DSC_0579

帽子本体部分だけを付け終えたところです。
DSC_0580

このままでも結構可愛いです。帽子のつばと帽子の根元の飾り、最後に丸カンを付ければ良いので大分完成に近づきました。
DSC_0581

帽子のつばを付けていきます。
DSC_0584

DSC_0585

DSC_0586

何の配分を間違えたのか、帽子のつばを付けたら平安貴族の帽子のように見えてきてしまいました。
DSC_0587

若干危うい気持ちになりながら、帽子の飾りを付ければ挽回されることを期待して次のステップに進みます。
DSC_0589

DSC_0590

なんとかパンプキンの帽子に戻ったような気がします。
DSC_0591

ちょっと形を整えたりしてみます。
DSC_0592

DSC_0593

パンプキンはこれで完成です。
DSC_0594

最後に丸カンを付ければチャームになります。同梱されていた丸カンはしっかり閉じている状態ではないので、パンプキンに付ける前にペンチで丸を閉じておきます。
DSC_0595

丸カンを付ける位置を少し工夫しました。前回は説明書通りに背中位置に付けたのですが、そうするとバッグなどに付けた際に顔が下を向いてしまいます。なので今回はパンプキンの斜め後ろ辺りに付けました。こうすればぶら下げたときにも顔が見えます。
DSC_0597

位置を決めたら黒い羊毛フェルトを丸カンに通して、羊毛フェルトを帽子に刺すことで固定します。
DSC_0598

丸カンを付け終えました。
DSC_0603

ボールチェーンを付けて完成です。
DSC_0605

DSC_0606

おしり部分はこのようになっています。説明書の写真ほどではないですが、交互の配色をキレイに出来たと思います。去年のハロウィンパンプキンとの違いであるこの配色部分をうまく完成させたので、今年分も大成功とさせていただきたいと思います。
DSC_0607

そして後日談なのですが、翌日早速バッグにこのパンプキンチャームを付けて出かけたところ、帰り際にはパンプキンは無くなっていました。

丸カンとボールチェーンは残っていて、丸カンが曲がった様子もなかったため、恐らく丸カンを留めていた羊毛フェルトが切れてしまったと思われます。丸カンを留める部分の羊毛フェルトの量はもっと多い方が良かったのかもしれません。こちらは次回の課題とします。

しかし何より、せっかく一生懸命作ったパンプキンがハロウィン当日を待たずにいなくなってしまって悲しいです。銀座でそれっぽいパンプキンくんを見かけた方はご一報ください。


「ハンドメイド製作工程」, 「使用材料」, 「チャーム」, 「羊毛フェルト」カテゴリの人気記事はこちら

管理人chieについて

1976年1月に生まれた40代の女性です。趣味は、カメラ、ハムスター、ハンドメイドです。

細かいプロフィールはこちら→http://momofactory.jp/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

2019年9月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PVアクセスランキング にほんブログ村