初心者が誰でも簡単にできる手芸ハンドメイドの作り方や材料を画像満載で紹介! ハンドメイドでオリジナルアクセサリーを作ってアーティストになる!

menu

初心者ハンドメイドの作り方なら momo工房ブログ

無地の帆布にピンクの花柄パイピングが良いアクセントになった。帆布トートバッグの花柄ポケット製作工程

今回はトートバッグの内側に付ける、花柄パイピングを使ったポケットの製作です。

内ポケットの仕組みとしては、1枚の長い帆布を縦半分に折り曲げてポケットとします。そのポケットの縁にパイピング布を付けていきます。パイピングに使用するのは、ピンクの花柄の布です。

初めてのパイピングなので難しそうなイメージがありました。手順書通りに作業したことにより、予想以上にキレイに仕上がったと思います。ピンクの花柄生地は、目論み通り無地の帆布に対して、良いアクセントになってくれました。
DSCN1889

前回の記事はこちらです。
4時間も掛かるなんて想像以上に手こずった!初めて帆布トートバッグの生地裁断をやってみた。

花柄内ポケットの制作工程

可愛らしい花柄が、バッグの内側の良いアクセントになってくれることを期待して、この柄を選びました。使うのは裁断済みの生成(きなり)帆布と、パイピング用の花柄布3本です。
DSCN1837

パイピング布の、端から8mmにチャコペンで印を付けておきます。
DSCN1840

DSCN1844

DSCN1846

非常にうっすらとですが、ラインを引きました。パイピング布の両端にラインを引いてしまいましたが、後から片側だけで良いことに気づきました。
DSCN1852

内ポケットに使う帆布の入り口部分へボンドを付けます。付けるときは、はみ出さないように細めにボンドを塗ります。
DSCN1854

ボンドを指の腹を使って薄く伸ばします。
DSCN1856

パイピング布をポケットの入り口部分に張り合わせます。
DSCN1860

指で丁寧に撫で付けるようにして張り合わせます。
DSCN1861

完成イメージとしては、このように内ポケットの入り口部分に花柄模様の縁取りがされます。
DSCN1866

ボンドが乾いたら、端から8mmのところをミシンで縫います。夕方に作業したため周りが暗く写ってしまっている点はご了承ください。
DSCN1868

DSCN1870

DSCN1871

直線縫いが終わりました。
DSCN1873

DSCN1874

縫った部分を内側に巻き込むようにして、パイピング布を帆布の裏側まで回し込みます。この状態を固定するように、帆布の裏側にパイピング布をボンドで貼付けます。この際、パイピング布の端を2mm折り曲げます。
DSCN1880

帆布の裏側にボンドを付けているところです。
DSCN1883

指でボンドを伸ばします。
IMG_1714

パイピング布を張り付け、手で押さえていきます。
IMG_1716

IMG_1717

まだパイピング布は仮止めの状態ですが、内ポケットはこのようになります。
IMG_1718

ボンドが乾いたら、パイピング布をミシンで直線に縫います。
IMG_1720

内ポケットの入り口部分のパイピングが出来上がりました。
IMG_1721

同様にポケットの両端にもパイピング布を付けていきます。内ポケットを正面から見た際の、向かって左側がこちらです。
IMG_1722

向かって右側がこちらです。
IMG_1724

向かって左側のパイピング布を待ち針で固定し、端から8mmのところをミシンで直線縫いします。
IMG_1725

IMG_1727

IMG_1729

向かって右側のパイピング布も、同様に待ち針で固定し、端から8mmのところをミシンで直線縫いをします。
IMG_1731

IMG_1732

IMG_1733

内ポケット入り口部分のパイピング同様、両側のパイピング布も、帆布の端を巻き込むようにして裏側に回します。向かって左側の端から処理していきます。
IMG_1734

ポケットを裏に返したところです。
IMG_1735

このように帆布の端を巻き込みます。
IMG_1736

パイピング布の端2mmは折り込むようにして、ボンドで固定をします。
IMG_1737

IMG_1739

IMG_1741

指の腹で押さえてしっかりと貼付けます。
IMG_1742

IMG_1743

右側の端も同様にボンドで貼付けるところまでの作業を行います。
IMG_1745

IMG_1746

IMG_1748

IMG_1749

IMG_1752

IMG_1753

左右の端とも、ボンドが乾いたら最後にミシンで直線縫いをして完成させます。
IMG_1755

左端のパイピングが出来上がりました。
IMG_1756

右側のパイピングはこのように出来上がりました。
IMG_1759

最後に、表に出る部分のミシン糸は見えないように処理をします。

パイピングをしたのは今回が初めてでした。難しそうなイメージがありましたが、手順書通りに作業することで予想以上にキレイに仕上がりました。解説書によって多少の違いがあるのかもしれませんが、今回私が参考にした本はボンドをうまく使うことで作業が楽になっていると感じました。

ピンクの花柄生地は、目論み通り無地の帆布に対して良いアクセントになってくれました。手前味噌ながら可愛らしい内ポケットが完成しました。
DSCN1886

DSCN1889

DSCN1891

次の記事を書きました。
こんなに簡単でビックリした!帆布トートバッグの持ち手を作ってみた。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

「ハンドメイド製作工程」, 「トートバッグ」, 「使用材料」, 「帆布」カテゴリの人気記事はこちら

管理人chieについて

1976年1月に生まれた40代の女性です。趣味は、カメラ、ハムスター、ハンドメイドです。

細かいプロフィールはこちら→http://momofactory.jp/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PVアクセスランキング にほんブログ村