初心者が誰でも簡単にできる手芸ハンドメイドの作り方や材料を画像満載で紹介! ハンドメイドでオリジナルアクセサリーを作ってアーティストになる!

menu

初心者ハンドメイドの作り方なら momo工房ブログ

チャームのグレムリンをランボー仕様にするため、赤ハチマキを制作し、ハンドメイドカスタマイズを行いました。

先日、吉祥寺のロフトへアクセサリー素材の買い出しに行ったら、懐かしいグレムリンコーナーがありました。
image1

思わずバッグチャームのギズモを買ってみました。
image2

買ってはみたものの、昔に観たグレムリンの映画が思い出せません。そこでさっそくグレムリン1と2を借りて観たところ、ある一場面に目が止まり、釘付けになりました。
aaa01

釘付けになった場面は、グレムリン2でギズモがランボーに扮し、悪の親玉ストライプを矢で燃やす場面です。
aaa02

この赤ハチマキギズモを再現したい、そんな想いからギズモカスタマイズをやろうと決めました。試行錯誤して出来上がったランボーギズモが以下の画像です。
DSCN1118a

節約しながら用意した素材

用意した素材は、ニコイル、2mm皮ヒモ40cm、2mm用ヒモ留め、赤のベロア生地です。これらは吉祥寺のparts clubとユザワヤで揃えられます。
DSCN0968

DSCN0969

DSCN0970

DSCN0971

DSCN0972

ヒートンまでのボールチェーンを外す

デフォルトのボールチェーンは短いうえに、あまり格好良くありません。そこで、チェーンを皮ヒモに変え、好きな長さにします。

製品は本体にヒートンが付けてあり、ボールチェーンを通してあります。
DSCN0974

ボールチェーンを抜き、ペンチで丸カンを外します。
DSCN0976

外しました。
DSCN0977

赤いベロア生地でハチマキを作る

ハチマキの素材は単純な赤では面白くないので、ベロア生地を使うことにしました。

ベロア生地を適当な太さ、長さに切ります。
DSCN0980

切りました。
DSCN0981

ハチマキの巻き方に悩みました。グレムリン2の該当シーンを観てみると、頭にグルッと1周巻き、さらに左耳にも1周巻いてあります。
aaa03

ギズモに当てながら、試行錯誤中です。ハンドメイドは、試行錯誤が楽しい時間です。
DSCN0985

DSCN0986

DSCN0988

頭にハチマキに固定するには、ハチマキを頭部に接着してしまうことも考えました。しかし一度接着してしまうと今後他のバージョンのギズモを作りたくなった場合に困ります。汎用性を考え、本体への接着等は行わない方針を取ることにして、頭への固定は単純にヒートンにハチマキを引っ掛ける形にします。
DSCN0989

DSCN0990

DSCN0991

ほぼイメージ通りに頭部と左耳にハチマキを巻くことができました。
DSCN0992

ハチマキの巻き方は判りましたが、切りっぱなしのベロア生地のフォローに悩みました。ベロア生地は切ると、切り口の見栄えが良くありません。また、どんどんほつれていってしまう可能性もあります。そこで切ったベロア生地を2つに折りたたみ、ボンドで貼り合わせることにします。
DSCN0997

DSCN0999

DSCN1000

貼り合わせました。このまま半日ほど乾燥させます。
DSCN1001

チャームチェーンとなる皮ヒモを作ります。

乾燥中にギズモに通す、チャームチェーンの皮ヒモを作ります。皮ヒモを適当な長さに切り、皮ヒモ留めをカシメます。
DSCN1026

DSCN1035

簡単に外れないようにニコイルも付けます。
DSCN1222a

取り外ししやすいようにヒキワを取り付けます。
DSCN1219a

DSCN1223a

DSCN1226a

DSCN1227a

ギズモにハチマキを巻きます

ボンドで貼り合わせたハチマキが乾いたので、ギズモに巻いていきます。
DSCN1041

DSCN1057

蝶々結びをしてみました。結び目が大きすぎて不格好です。
DSCN1059

蝶々結びはせずに、1回だけ軽く結んでおくだけにします。
DSCN1069

結んだだけだとバッグに付けている最中に外れてしまうので、結び目に糸を軽く通しておきます。ベロア地をボンドで張り合わせているためにハチマキに厚み・強度がでているので、針が通りにくくなっています。指ぬきも使って慎重に作業をします。
DSCN1063

糸を通し、結び目を固定したあと適当な長さにハチマキを切ります。映画のシーンを見ながら、一番良い長さに切ります。
DSCN1071

チャームチェーンの皮ヒモを通して、完成です。
DSCN1075

ギズモの後ろはこんな感じです。頭部に巻いたハチマキは、ヒートンに引っ掛けてあるため外れる心配はありません。
DSCN1081

バッグに付けました。
DSCN1118a

通常のギズモと、ランボー仕様ギズモの比較です。
DSCN1118b


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

「ハンドメイド製作工程」, 「チャーム」カテゴリの人気記事はこちら

管理人chieについて

1976年1月に生まれた40代の女性です。趣味は、カメラ、ハムスター、ハンドメイドです。

細かいプロフィールはこちら→http://momofactory.jp/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PVアクセスランキング にほんブログ村