初心者が誰でも簡単にできる手芸ハンドメイドの作り方や材料を画像満載で紹介! ハンドメイドでオリジナルアクセサリーを作ってアーティストになる!

menu

初心者ハンドメイドの作り方なら momo工房ブログ

畳縁でかわいい縁結びのリボン♪髪留め用にアレンジしました!

せっかく大量の畳縁をいただいたので、畳縁の記事が続きます!

今回はとても簡単にこのようなリボンを畳縁で作ってみました。

こちらの畳縁も畳屋さんで実際に余ってしまっていた畳縁です。
畳屋さんから畳縁をいただいた経緯については前回の記事をご覧ください。

畳屋さんで実際に余った畳縁をいただきました!早速がま口ペンケースを製作

レシピ的にはとても簡単な手順なので、同じものをいくつも作って、違うアレンジをするというのもアリです。
また、畳縁ならではの模様なので、和服にも合いそうです。これからの夏の季節に、浴衣に合わせるのも粋な感じがしますね!
と、妄想が止まらない畳縁のリボン。本当に簡単に作れるのでぜひ畳縁に触れるきっかけとしても、いろいろな方にオススメしたいです!

今回は、先日日本ホビーショーでいただいたこちらのレシピを参考にしていきます。


なんせたくさんの畳縁をいただいているので、使う模様をとても悩みましたが、黄色の花柄が映えそうなこちらの模様を選択。
今回はレシピ通りに製作すればほつれ処理も問題なさそうだったので、裏側の糸のほつれなども気にせずに好きな模様を選びました。

まず25cmの長さに畳縁を切ります。

これが使う分の長さです。

一旦真ん中で畳縁を折って目安をつけながら、中表になるように上下の畳縁を中央に向かって折ります。


上下を折るとこのようになります。このとき、表面が内側になっています。

両端から3cmのところに印をつけ、中央に向かって、この左端の場合「くの字」になるように畳縁を縫います。

「くの字」の角になる部分は、端から1cmの場所にします。

ミシンまたは手縫いで縫っていきます。今回は縫う場所がとても少ないので手縫いで行っています。本返し縫いで、強度は保つようにします。


片側が縫い終わりました。

同様にもう片方も「くの字」になるように縫います。

両端を縫い終わったところです。

そしてここで両面テープが出てまいります。

今回縫った「くの字」の部分は、外側を縫い代1cmで切ることになるのですが、このときに端がほつれにくくなるようにするための処理になります。

私の持っている両面テープは太さが1.5cmでしたので、太さを合わせるために少し切ってから、畳縁の両端に貼ります。

テープを剥がす前に、縫い代1cmになるように余分な部分をハサミで切り落とします。

そして両面テープのはくり紙を剥がしてから、縫い代分を内側に折り込みます。

このようになります。
両面テープの着いている面積を考えるとこの縫い代同士はあまりしっかりくっついていないのでは、と気になったのですが、目的はあくまでほつれてこないことなので、問題はなさそうです。

両端とも両面テープの処理をした後は、この縫い代部分をつまんで押さえながら、表に返します。

リボンの角になるところを後ろ側から指で押さえると、形がしっかりしました。

両端とも表に返し、中央部分も、表面が外側に出るように折ります。

このような形に成形されます。

そして中央部分の上下を、0.7cmほど中央に向かって折ります。

上下とも中央に向かって折りました。中央部分だけ細いリボンができている状態です。

両端が表面を向いた状態になるように、リボンを結びます。
まず左から右上へ。

右から左上に回してから、左下に下ろして結びます。このとき、表面が出るように気をつけます。

結べました!

せっかくリボンが出来ましたので、何かにアレンジをしようと思ったのですが、髪留め用のバレッタがあったのでこれをリボンの裏側に付けることにしました。

このように付けるイメージです。

バレッタの両端に縫い付ける用の穴があるので、その部分とリボンを縫い付けます。

バレッタの両端ともリボンに縫い付けました。

横から見るとこのような具合です。結び目が立体的になるので畳縁のしっかりとした素材が生かされていますね。

ちなみにバレッタはこのように下側が開くので、髪を挟んでパチン、と留めるタイプのものです。

かなりご満悦な出来栄えでした!

レシピ的にはとても簡単な手順なので、同じものを他の柄でも作ってみたいですね。

いただいたレシピには、他のアレンジ方法として、リボンを結ぶ時に間にヘアゴムを通してヘアアクセサリーにしたり、リボンの結び目にクリップを挟んでいろんな用途に使用できるワンポイントアクセサリーにすることも書かれていました。

他にはリボンの表面にスワロフスキーなどのビーズを付けるのオシャレ度がアップしそうですね。
生地のしっかりしている畳縁ならではのアイテムだと思いますが、他にもちょっと厚手のニット地で作ったりするのも合いそうです。
あと畳縁ならではの模様なので、和服にも合いそう。これからの夏の季節に、浴衣に合わせるのも粋な感じがしますね!

と、妄想が止まらない畳縁のリボン。本当に簡単に作れるのでぜひ畳縁に触れるきっかけとしても、いろいろな方にオススメしたいです!


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

「ハンドメイド製作工程」, 「畳縁( たたみべり )」カテゴリの人気記事はこちら

管理人chieについて

1976年1月に生まれた40代の女性です。趣味は、カメラ、ハムスター、ハンドメイドです。

細かいプロフィールはこちら→http://momofactory.jp/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PVアクセスランキング にほんブログ村